見る・遊ぶ 暮らす・働く

日本橋で「東京アニメフェス」始まる-「アナ雪」や「ドラえもん」上映も

葛飾北斎の娘・お栄を描いた「百日紅(さるすべり)」でアニメドールを受賞した原恵一監督(中央)

葛飾北斎の娘・お栄を描いた「百日紅(さるすべり)」でアニメドールを受賞した原恵一監督(中央)

  •  
  •  

 TOHOシネマズ日本橋(中央区日本橋室町2)で3月19日、「東京アニメアワードフェスティバル2015」が始まった。

日本橋をイメージして作られたというトロフィー

 同イベントは、アニメーション振興を目的として2014年3月に新設された国際アニメーション映画祭。今年は昨年の約2倍となる1227作品の応募があり、過去1年間に公開された商業アニメーション作品や公募作品のコンペティションを行うほか、功労者を表彰し、受賞作や関連作品を上映する。

[広告]

 オープニングセレモニーでは、ノミネートされたアーティストがレッドカーペット上を歩いた。特別賞アニメドールの発表・授賞式も行われ、江戸の浮世絵師・葛飾北斎の娘・お栄や破天荒な浮世絵師たちの暮らしを描いた「百日紅(さるすべり)」(杉浦日向子原作)が同賞を受けた。「喜怒哀楽の表現は現代に通じるものがある。江戸の街や四季の移ろいなども楽しんでほしい」と監督の原恵一さん。「原作の世界観や魅力を知っていただくきっかけになれば」とも。

 今月23日まで。

  • はてなブックマークに追加