見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

日本橋三越、Jazz Weekで全館ジャズ仕様 ライオン像ピアノに挑戦も

本階入り口の2頭のライオン像はジャズマンに変身。ピアノ連弾で来店客を迎える。

本階入り口の2頭のライオン像はジャズマンに変身。ピアノ連弾で来店客を迎える。

  •  
  •  

 日本橋三越本店(中央区日本橋1、TEL 03-3241-3311)で9月28日、「JazzWeek ~ジャズのある暮らし」が始まった。

「Jazz Week」仕様のショーウインドウ

  大人の街、日本橋にふさわしいJAZZをテーマに、店内各フロアでさまざまな催しを展開する同イベント。2017年の「ジャズレコード100周年」アニバーサリーを控え、全館でジャズのある暮らしの楽しさを提案する。

[広告]

 本階入り口の2頭のライオン像はジャズマンに変身。ピアノ連弾で来店客を迎える。本館7階の「はじまりのカフェ」では、2016年のマンガ大賞3位を獲得したジャズコミック「BLUE JIANT」の原画を展示。10月2日には作者の石塚真一さんのトークショーも行われる(12時20分~)。

 本館5階インテリアプロモーションでは1957年の発売以来、多くのオーディオファンを魅了してきたJBLの歴史的スピーカー「Paragon(パラゴン)」(8,856,000円)を展示販売。外装、サウンドともに完璧な状態に再現した貴重なモデルを用意する。

 1階中央ホールではサントリーとのコラボで同社の7ブランドのウイスキーと7枚のジャズアルバムのマリアージュが楽しめる「Nihombashi JAZZ BAR」(10月4日まで)を展開。ハイボール、ロック、ストレート各500円で使用するコースターはジャズの老舗「Blue Note」のレーベル型。持ち帰ることができて印字されたシリアルナンバーで好きなJAZZスタンダード曲がダウンロードできる。

 営業時間は10時30分~19時30分。入場無料 10月11日まで。

  • はてなブックマークに追加