見る・遊ぶ

丸の内・行幸通りで恒例「ミチテラス」 光と映像でアンセムを表現

東京駅をバックに、「はいポーズ」

東京駅をバックに、「はいポーズ」

  •  
  •  

 東京駅丸の内駅舎周辺で12月21日、恒例のイルミネーションイベント「東京ミチテラス 2019」が始まった。

丸の内・行幸通りで恒例「ミチテラス」 映像×ひかり×ダンスで賛歌を表現

 今年で9回目、令和初となる今回のテーマは、「ひかりのアンセム(賛歌・応援歌)」。さまざまな国々の人々が東京を訪れ、集い、熱い声援を送り、感動を分かち合う2020年に向けて、その人々の声援の波が一つの賛歌・応援歌「アンセム」へと集結するような「躍動する光と映像のインスタレーション」を展開する。

[広告]

 会場には「ひかりのドレープ」と「ひかりのツリー」「三菱一号館美術館ライトアップ」の3つのコーナーと、21日に封切となった映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」と連動して既に開催されている「STAR WARS MARUNOUCHI BRIGHT CHRISTMAS 2019 -Precious for you-」を展開する。

 「ひかりのドレープ」では紗幕スクリーンウオールに映し出される映像と光、ダンスパフォーマーによるユニークな演出で「映像×ひかり×ダンス」を融合させたインスタレーションを披露。「ひかりのツリー」では東京駅丸の内駅舎を背景にシンメトリーに設置されたシャンパンゴールドに輝くLEDの光のツリーと、ツリー内部のミラーボールレーザーによる動的な演出で駅前広場の表情を創り出す。

 「三菱一号館美術館ライトアップ」では鮮やかに色を変える光で満たされた空間に、スノーフレーク(雪の結晶)の光がゆっくりと舞い、周辺を照らすという演出を一号館広場で展開する。

 開催時間は17時~21時。入場無料。12月25日まで。

SmartNews Awards 2019