3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

日本橋でリアル「弥次喜多」ツアー 芝居と街歩き融合した体験型イベント

日本橋を舞台に、弥次喜多コンビが現代にタイムスリップしたという設定で展開する芝居と街歩きが融合した体験型ツアー

日本橋を舞台に、弥次喜多コンビが現代にタイムスリップしたという設定で展開する芝居と街歩きが融合した体験型ツアー

  • 0

  •  

 日本橋で3月7日、芝居鑑賞と街歩きを融合した体験型イベント「シアトリカルツアー」が開催される。主催は松竹芸能。

日本橋を舞台に、芝居と街歩きが融合した体験型ツアーを楽しむ

 江戸後期に活躍した戯作者、十返舎一九の「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」に登場する日本橋八丁堀の住人、弥次郎兵衛と喜多八が現代にタイムスリップしたという設定で、日本橋の街を舞台に展開する同イベント。

[広告]

 物語は、弥次喜多コンビと日本橋観光ツアーガイド・藤川初音さんが日本橋の名所を訪ねながら進行し、観客は街歩きツアーに同行。芝居と街歩きを楽しみながら、街の歴史や文化を学ぶ。参加者は「日本橋案内所」に集合。「山本海苔店」「千疋屋總本店」「にんべん」などの老舗巡りの後、仲通りで江戸時代のすし体験として、「蛇の市本店」五代目店主の寳井英晴さんと「繁乃鮨」三代目店主の佐久間一郎さんが握る、現代の約3貫分に相当する大きさという「マグロの漬け」を楽しむ。

 松竹・企画開発部の京井勇樹さんは「江戸時代以降、日本橋は五街道の起点として全国から人や物産、情報が集まり、新たな産業や文化が発祥した街。今も老舗が軒を連ね、当時の街のにぎわいを今に残している日本橋で『シアトリカルツアー』第1弾を開催する。日本橋といえば『弥次喜多』『週末の日本橋に来ると弥次喜多に会える』となれば最高。業界初の『シアトリカルツアー』を、日本橋を皮切りにさらに全国に広げていければ」と話す。

 開催時間は、金曜・土曜=11時、15時、18時、日曜・祝日=11時、15時。参加費は7,800円。申し込みは「日本橋シアトリカルツアー」ホームぺージで受け付ける。5月31日まで。

Stay at Home