天気予報

25

24

みん経トピックス

日本橋人形町でてんてん祭日本橋人形町で「人形市」

日本橋本町の宝田恵比寿神社で「べったら市」-有名漫画家が似顔絵ブース出店も

  • 0
日本橋本町の宝田恵比寿神社で「べったら市」-有名漫画家が似顔絵ブース出店も

江戸中期から400年以上続くべったら市

写真を拡大 地図を拡大

 日本橋大伝馬町の宝田恵比寿神社(中央区日本橋本町3)付近で10月19日・20日、「べったら市」が開催される。主催はべったら市保存会。

うちわと扇子の老舗「伊場仙」が有名漫画家が似顔絵を描くブースを初出店

 江戸中期から400年以上続く同市は、秋の恒例行事として、例年、約10万人の人出でにぎわう。同神社には、日本橋七福神の一つである恵比寿像が祭られ、商売繁盛、家族繁栄、火防守護の神として関東一円で広く親しまれており、商売繁盛を願うえびす講の前日から、参道に市が立ち、お供えする魚や野菜、神棚などが売られたのが起源。中でも麹(こうじ)につけた浅漬け大根が名物となっている。

 同市ではべったら漬けを始め、近隣の老舗や商店500軒が出店するほか、さまざまなイベントが開催される。19日は15時から盆踊り大会を行い、20日は、16時から300人の児童が引く子どもみこしや山車(だし)、大みこしを繰り出す。

 今年は、1590年創業のうちわと扇子の専門店「伊場仙」(日本橋小舟町)が、秋冬に売上が低迷するうちわに付加価値をつけて販売しようと、有名漫画家が似顔絵を描くブースを設ける。19日は「まいっちんぐマチコ先生」のえびはら武司さん、ホラー漫画「惨劇館」の御茶漬海苔さん、「つるピカハゲ丸」ののむらしんぼさん、20日は「もみじ君花日記」の岩田和久さん、「松田優作物語」の高岩ヨシヒロさん、コバルト文庫の挿絵やレディースコミックなどを数多く手掛ける童夢梨乃さんが参加する。「写真があれば、ペットの似顔絵も描く。来訪の記念になれば」と漫画家の童夢さん。料金は、1枚=1,500円。

開催時間は12時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

皮の部分にも焼き目をつけて香ばしく仕上げた「うな次郎」。1食でビタミンB1の成人男性の1日に必要な摂取量が取れるというこのまま
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング