天気予報

10

1

みん経トピックス

東京駅で江戸力士料理フェアT-CATキャラ着ぐるみに

人形町で夏の風物詩「せともの市」 陶磁器やガラスなど食器類全国から集合

人形町で夏の風物詩「せともの市」 陶磁器やガラスなど食器類全国から集合

台風5号の影響で、初日から大幅値引きを行う

写真を拡大 地図を拡大

 人形町で8月7日、恒例の「人形町せともの市」が始まった。主催は蛎殻町や浜町の陶器問屋で構成する蛎浜会、せともの市実行委員会(TEL 03-3666-5666)。

10分ほどでオリジナル作品が完成する陶芸体験教室

 今年で63回目となる同イベント。陶磁器の窯元や販売店などが集まり、人形町通り水天宮交差点から人形町交差点まで350メートルにわたる歩道の両側に約50店が並ぶ。

 江戸時代から明治、大正、昭和にかけて日本橋には、魚河岸をはじめ、酒類、みそ、しょうゆ、穀物などの食品や竹や紙など生活物資を扱う河岸が集中していた。特に日本橋川と旧箱崎川に囲まれた「稲荷(とうかん)掘」周辺の人形町・蛎殻町・浜町一帯にはかつて60軒を超す陶磁器問屋が集積しており、陶器市が定期的に行われていたという。

 戦後、問屋の数は減ったものの、かつての「せともの」の町として栄えた街の歴史を今に伝えようと1954(昭和29)年から年1回、在庫処分をかねて「せともの市」が行われるようになった。現在では全国からの出店者も増え、掘り出し物を探す客で夜までにぎわう。

 販売される品は陶磁器以外にも、クリスタルや江戸切り子などのガラス、漆器などの食器類全般や台所用品など。高級セット品の半端もの、見切り品、処分品などを中心に、市価の3~5割引で販売する。

 毎年値引き交渉を楽しみにしているという常連客の一人は「3日目が値切り時だが、今年は台風5号の影響で初日から値引きしている店も多い」と話す。

 期間中、大観音寺前では「陶芸体験教室」(参加費1,500円)や「絵付け体験教室」(同1,000円)も行っている。

 開催時間は10時~20時。今月9日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

重要文化財 玳皮盞(たいひさん)鸞天目(らんてんもく)南宋時代・12~13世紀 室町三井家旧蔵この写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング