食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

明治屋本店で「京橋かきコレ」 「自分史上最高」のかき氷作りに挑戦

今年はトッピングの量を増やし自分で作るコーナーにも人気が集まった

今年はトッピングの量を増やし自分で作るコーナーにも人気が集まった

  •  

  明治屋京橋ストアー7階の明治屋ホール(中央区京橋2、TEL 03-3271-1129)で6月7日、「第2回 京橋かき氷コレクション」が開催された。

盛り上がる試食会場

  社団法人日本かき氷協会主催の「かき氷コレクション」(通称「かきコレ」)とのコラボ企画となる同イベントは、去年に続き2回目の開催。行列のできる人気店「和 Kitchen かんな」(沖縄県)と「クラフトカフェ」(埼玉県)も去年に引き続き協力参加した。

[広告]

  協力店のオリジナルレシピは6種類。ミルクティーのシロップに生キャラメルやグラノーラ、「らふらんすの缶詰」をトッピングした「ラズキャラミルクティー」や、「沖縄の方に桜味のかき氷を食べてもらいたい」という気持ちから生まれたという、桜をベースにマスカルポーネとジーマミー豆腐を合わせた個性的なかき氷「ぜんざい かんなver.」など、この日だけの特別レシピに、事前応募で参加した44人のかき氷ファンが舌鼓を打った。

  明治屋が販売する「マイシロップパウチ 味わうシリーズ」は、かき氷用の果汁と果肉を使ったシロップで味は、あまおう、メロン、宇治抹茶、ゆずの4種類。参加者は、「マイシロップ」を使った協力店オリジナルレシピのほかに、トッピングコーナーで自ら氷をかき、好みのシロップとトッピングでかき氷を自由に作ることができる。

  トッピングは、フルーツ缶詰、蜂蜜やチョコレートシロップ、ジャムやスプレッド、生クリームなどバラエティーに富んだもので、参加者は、日本かき氷協会会長の小池隆介さんによる、おいしいかき氷指南を受けるなどして「自分史上最高のかき氷」作りを楽しんだ。