見る・遊ぶ

兜町東証ホールで無料ジャズフェス 証券取引所などが若手ジャズマンを支援

「証券・金融の街」として知られる日本橋兜町・茅場町のランドマーク「東京証券取引所」

「証券・金融の街」として知られる日本橋兜町・茅場町のランドマーク「東京証券取引所」

  •  
  •  

 東京証券取引所(中央区日本橋兜町2)の東証ホールで11月30日、無料のジャズコンサート「JazzEMP2019@TokyoFinancialStreet」が開催される。主催は、日本の若手ミュージシャンを支援するJazz EMP実行委員会。

兜町東証ホールで無料ジャズフェス 証券取引所などが若手ジャズマンを支援

 かつて日本橋兜町・茅場町地域は、世界経済の一角を担う東京証券取引所の所在地として365日24時間態勢で駐在する社員も多く、立会場で身ぶり手ぶりで株式を売買する「場立ち」の人々でにぎわった。1999(平成11)年の証券取引完全電子化で、数百人いたという場立ちの姿が消え、同町からは多くの企業が転出し店舗の数も激減。かつて誇った「世界の兜町」は見る影がない。

[広告]

 同イベントは将来の日本経済をけん引する企業の成長を支援するEM(Emerging Market:新興市場)も運営する東京証券取引所が協賛各社の協力を得て、日本橋兜町・茅場町の活性化と未来のジャズシーンを担うもう一つのEM(Emerging Musicians:新興ミュージシャン)を応援する取組みとして昨年スタートした。

 2回目となる今回も、東証ホールを開放。ジャズ、ロック、メタルなどジャンルを超えた楽曲で活躍するトランぺッター佐瀬悠輔さんが率いる「佐瀬悠輔 SEXTET」や、ピアノとチェロ、ヴォーカルという編成で独特のサウンドを創り出すトリオ「ピチェヴォ」、スタンダードナンバーをナチュラルなアレンジで演奏する「浅利史花カルテット」など5バンドが出演する。

 コンサートは先着350人(スタンディング含む)で、入場無料だがセキュリティーの関係で事前予約が必要。予約はPeatixで受け付ける。

 開催時間は13時~18時(12時30分開場)。

  • はてなブックマークに追加