3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

日本橋経上半期PV1位は人形町今半の「精肉即日お届けサービス」

コロナ禍でも老舗の味を自宅でも楽しめるよう「精肉即日お届けサービス」を企画した「人形町今半本店」

コロナ禍でも老舗の味を自宅でも楽しめるよう「精肉即日お届けサービス」を企画した「人形町今半本店」

  • 0

  •  

 日本橋経済新聞の2020年上半期PV(ページビュー)ランキング1位は、コロナ禍でも老舗の味を自宅でも楽しめるよう「精肉即日お届けサービス」を企画した「人形町今半本店」の記事だった。

 2位にランクインした老舗うなぎ店のコロナ対応お食事券を伝える記事や7位の「中央区100人カイギ」リモート開催、8位の老舗弁当店によるテークアウト制子ども食堂への取り組みなど、新型コロナウイルス対策関連記事が上位ランクインした。

[広告]

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 人形町今半本店、精肉「即日お届けサービス」開始 都内23区に配達(4/30)

2. 日本橋の老舗うなぎ店でコロナ対応お食事券 常連客ら応援し初日100万円越え(3/25)

3. 日本橋の「人形町今半本店」従業員がマスク生産 地元高齢者に向けて無償配布(4/10)

4. 東京駅でじゃらんフェア 創刊30年&猫の日で企画、にゃらんスイーツ販売も(2/14)

5. 新型コロナで日本橋イベント中止相次ぐ 朝活や4月の日本酒利き歩き企画も(2/20)

6. 日本橋の「うなぎ喜代川」が在宅ワーク応援 地元エリア限定で注文一品から宅配(3/2)

7. 「中央区100人カイギ」、3カ月ぶりに再開 初のリモート開催に各地から45人参加(5/22)

8. 人形町老舗弁当店がテークアウトこども食堂 自宅待機児童に100円弁当提供(3/30)

9. 日本橋あじさい通りのオカメザクラが満開 人影まばらな街で見頃迎える(2/26)

10. 日本橋発着のオープンエア屋形船「みづは」、搭乗人数減らして花見舟募集へ(3/13)

 1位記事の人形町今半本店は、都内23区に精肉を即日配達するサービスがホームステイ中の消費者の需要に応え、SNSなどで話題を集めた。3位にランクインした「同店従業員によるマスク生産と地元高齢者への配布」記事も、マスク不足が深刻化する中「アベノマスクより早い今半マスク」としてSNSで話題になった。

 2位と6位の「うなぎ喜代川」の記事は、法人客利用が落ちて売り上げが激減する中、おかみのアイデアと常連客の支援の輪でコロナ禍の苦境を乗り越える様子が読者の注目を集めた。8位記事の老舗弁当店が自宅待機児童に100円で弁当提供する「テークアウト子ども食堂」の取り組みも、突然の一斉休校で苦労する子育て家庭の共感を呼んだ。10位は「屋形船」の風評被害を背景に3密を避けたオープンエア座敷船の「舟遊びみづは」の取り組み。コロナ禍の逆風の中でもさまざまなアイデアで対応する日本橋の事業者の姿が多くの読者の注目を集めた。

Stay at Home