見る・遊ぶ 学ぶ・知る

横山町のギャラリーが売り上げの半分を義援金に

Tobin Ohashi Galleryは昨年10月に移転オープンした

Tobin Ohashi Galleryは昨年10月に移転オープンした

  • 0

  •  

 馬喰横山の現代アートギャラリー「Tobin Ohashi Gallery」(中央区日本橋横山町1、TEL 03-5695-6600)は、3月22日~27日の売り上げの半額を東日本大震災の義援金として寄付する。

 対象となるのは、同ギャラリーに展示している版画、ペーパーワーク、ペイントの一部で、大橋さん自身が海外で買い付けた日本、インドネシア、ベトナム、アメリカの作品が中心。「地震発生から10日が過ぎ、東京の暮らしは元に戻りつつあるが、被災地の状況を考えると何かしないわけにはいかない」とオーナーの大橋人士さん。「現在自分たちにできることを」と、今回の寄付を決めた。食事のままならない被災地の状況を考え、食糧支援を行うNPO「セカンドハーベストジャパン」と日本赤十字社を募金先とした。

[広告]

 「ギャラリーは大きなダメージもなく営業できるだけもありがたい。この1週間を被災者支援のために使いたい」と大橋さん。「友人や知り合いの方も誘っていただければ」と来店を呼びかける。

 営業時間は13時~19時。月曜・水曜休館。入場無料。現在、「アジアと日本の絵画展」を開催中。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース