食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

日本橋室町に2つの高層ビル竣工-再開発は大詰めへ

日本橋室町東地区開発計画(イメージパース)

日本橋室町東地区開発計画(イメージパース)

  •  
  •  

 日本橋室町に2月1日、「室町古河三井ビルディング」(中央区日本橋室町2)、「室町ちばぎん三井ビルディング」(日本橋室町1)が竣工する。

 三井不動産(日本橋室町2)が複数の地権者と共同で推進する大規模複合開発「日本橋室町東地区開発計画」の一環。同町5街区を一斉に再開発し、日本橋の歴史や文化の再生と商業的・文化的活性化を狙う。

[広告]

 2010年に商業施設「COLEDO室町」を含む「室町東三井ビルディング」、同「YUITO」を含む「日本橋室町野村ビル」、2012年に「浮世小路千疋屋ビル」が開業したことに続く両ビルの竣工で、同計画の残る1街区は今年秋に完成予定の「福徳神社」だけとなった。

 室町古河三井ビルディングは地上22階・地下4階建て。延べ床面積は6万2470平方メートルで、地下1階~地上6階で商業施設「COREDE室町2」を展開し、7階~17階はオフィス、18階以上は賃貸住宅となる。COREDO室町2には、日本橋エリア初のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ日本橋」が開業を予定。室町ちばぎん三井ビルディングは地上17階・地下4階建てで、地下1階~地上4階に「COREDO室町3」が開業する。

 両商業施設の開業は3月20日。両施設にオープンする店舗は68店舗を数え、同日、COREDO室町と日本橋三井タワー内の一部店舗もリニューアルオープンする。

  • はてなブックマークに追加