見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

開業100年目の東京駅、PRアニメ制作-予告編公開

東京駅を舞台とした短編アニメ「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」

東京駅を舞台とした短編アニメ「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」

  •  
  •  

 今年開業100周年を迎える東京駅の魅力を伝える短編アニメーション「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」の予告編が3月26日、公開された。

 東京駅を舞台とした「時間を超えた家族愛」をテーマにした同作。東京ステーションシティ運営協議会、スカパー!で「MUSIC ON! TV HD」を放送する「エムオン・エンタテインメント」(港区)、「宇宙兄弟」や「銀の匙(さじ) Silver Spoon」などのヒット作を制作する「A-1 Picture」(杉並区)が共同制作した。

[広告]

 同作の主人公は、結婚を間近に控える25歳の美咲。東京駅に鉄道員として勤務していた亡き父の遺品を整理した際、古い写真と壊れた懐中時計を見つける。生前、すれ違いから距離を置いてしまった父を思ううち、その時計を唯一直せるという、かつて東京駅構内に存在していた時計店のことを知るというストーリー。

 アリオラジャパン(千代田区)所属のアーティスト・さかいゆうさんの楽曲「時季(とき)は巡る」を全編に起用。高知県土佐清水市出身のさかいさんは、上京して初めて降りた東京駅の大きさに逆に寂しさを感じたが、時を経て、今は東京や東京駅が「大好きになった」という。「自分の楽曲からこのような作品が生まれたことは非常にうれしい」とさかいさん。

 予告編は30秒で、ユーチューブで配信。5月には、フルレングスバージョンの本編映像を公開する。

  • はてなブックマークに追加