プレスリリース

中国の3つの有力ストックフォトサイトでPIXTAの高品質アジア人物写真素材を販売開始へ

リリース発行企業:ピクスタ株式会社

情報提供:

ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416、以下「ピクスタ」)が運営する、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( https://pixta.jp )は、中国の3つの有力ストックフォトサイト「IC photo」「図虫創意」「図虫Premium」にPIXTAが保有する写真素材の一部を販売委託することになりました。販売開始時期は2019年11月中を予定しています。 PIXTAが提供する写真素材は、PIXTAが2019年から注力しているアジア全域で通用するアジア人物写真素材をテーマにした「パンアジアンコンテンツ」を中心とした約6万2,000点。中国でも有力な3つのストックフォトサイトを通じて販路拡大すると共に、中国マーケットでPIXTAブランドの確立を目指します。


PIXTAが提供する「パンアジアンコンテンツ」例
■概要

2015年11月にPIXTAは中国大手の総合ビジュアル販売プラットフォーム「ImagineChina」(現、IC photo)と販売委託契約を結びました。その後、IC photoはグループ企業で対象顧客が異なる2つのストックフォトサイト「図虫創意」や「図虫Premium」を運営するなど、ストックフォト事業を強化してきました。加えて、「IC photo」「図虫創意」「図虫Premium」の3つのストックフォトサイトは、また別のグループ企業が運営する人気ニュースアプリ「今日頭条」とAPI連携し、ニュース記事を制作する160万人以上に写真素材を提供するなど、グループ内での連携も強化しています。

今後もストックフォト事業を強化したいIC photoと、中国で更に販路を広げたいPIXTAが合意し、「IC photo」「図虫創意」「図虫Premium」の3つのストックフォトサイトで、PIXTAが著作権を保有するアジア人物写真素材、約6万2,000点を販売することになりました。

PIXTAの写真素材を販売委託するストックフォトサイトは、以下の3つです。

IC photo
http://www.dfic.cn/

上海映脉文化?播有限公司(Shanghai Ying Mai Wenhua Chuanbo YouxianGongsi)が運営する「IC photo」は、20年の歴史を持つ中国最先端ビジュアル販売プラットフォームです。

世界中の約300のストックフォトエージェンシーと1万人超のカメラマンによる、中国内外の2億点を超える高品質な厳選素材を代理販売しています。

主な購入者はメディア、広告代理店、企業等数千社。

図虫創意
https://stock.tuchong.com/

上海?虫网?科技有限公司(Shanghai Tuchong Network Technology Co., Ltd.)が運営する「図虫創意」。

3億点を超える写真、6千万点超のベクターデータ、500万点超の高品質映像、EPSやJPG、PSD素材等を網羅。権利がクリアになったビジュアルコンテンツソリューションを提供しています。

購入者はデザイナー、広告、新媒体など。

図虫Premium
https://premium.tuchong.com/

上海?虫网?科技有限公司(Shanghai Tuchong Network Technology Co., Ltd.)が運営する高品質ビジュアルコンテンツ提供サービス。ビジュアル権利業務、商業撮影、インフルエンサー撮影、デジタル資産管理の四大領域を提供しています。

在籍するプロカメラマンは約600万人。有名フォトエージェンシーであるMagnum Photos、Bridgeman Imagesの他、フランス国家博物館連盟(RMN)などの芸術系高品質ビジュアル版権を中国独占販売しており、スポーツやエンタメなどのエディトリアル素材を含め、広告代理店や企業の購入者にカスタマイズされたワンストップのビジュアルコンテンツ販売業務を提供しています。

■背景

中国での個人や企業に対する信頼意識の高まりと、それに伴う権利意識の向上で、ストックフォトの需要は急速に拡大しています。しかし、中国ではまだまだ、ローカルコンテンツやアジアコンテンツが不足しており、特に従来のイメージ写真素材としてのわかりやすく大げさな表現の写真ではなく、より自然で高品質な写真が求められるようになってきました。

一方で、PIXTAが2015年の販売契約時に提供した写真素材は、自然体で高品質との評価を受けつつも、日本的な要素の強さも指摘されていました。

PIXTAでは、中国はもちろん、アジア展開を拡大させていく上で現地クリエイターの育成に努めていましたが、2019年に入って現地クリエイターの育成という方針はそのままに、各国のローカルコンテンツの制作だけでなく「アジア全域の需要に応えられる人物写真素材(パンアジアンコンテンツ)」の共通点を見出し、その写真素材制作を強化してきました。

このパンアジアンコンテンツに手応えを得て、すでに素材を提供しているIC photoに「パンアジアンコンテンツ」の販売開始を打診したところ、その品質の信頼を得て、「IC photo」だけでなく、グループ展開している「図虫創意」「図虫Premium」でも、PIXTAのパンアジアンコンテンツをひとつの目玉商品として売り出すことになりました。
中国で売れ筋の人物写真
PIXTAが提供するパンアジアンコンテンツ
■IC photo 兼 図虫 CEO 王炎(オウ エン)氏よりコメント

PIXTAは一流の高品質なアジア人物素材を有しており、わたしたちは幅広い販売ルートを持っています。双方のニーズを満たすことで、今後、互いの強みで補い合い、win-winな関係を築きながら、共にアジア人物素材の普及を推し進め、各企業・機関のブランディングに充分なビジュアル素材を提供することで、そのブランド形成に貢献いたします。

■今後の展開について

現時点では、PIXTAが著作権を保有するパンアジアンコンテンツを提供していますが、現在育成強化中のアジア各地のクリエイターによって制作されているパンアジアンコンテンツの提供も視野に、コンテンツの拡充を進め、より多くのクリエイターの才能を中国でもつなげていけるよう尽力してまいります。

■PIXTAについて

「PIXTA」はプロ・アマチュア問わず誰もが自ら制作した写真・イラスト・動画・音楽をインターネット上で売買できるデジタル素材のマーケットプレイスとして2006年5月に開設されました。あらゆるジャンル、媒体のクリエイティブを支える豊富なイメージ画像・動画・音楽を取り揃え、日本を中心に、アジア各国の生活・文化にそった豊富なアジア素材が特徴です。 現在は、英語、簡体字、繁体字、タイ語、韓国語に対応し、アジアのクリエイティブ制作分野の人々から高い支持を受けています。

■PIXTA
(日本語版) https://pixta.jp
(英語版)    https://www.pixtastock.com
(中国語簡体字版)https://cn.pixtastock.com
(中国語繁体字版)https://tw.pixtastock.com
(タイ語版) https://th.pixtastock.com
(韓国語番版)  https://kr.pixtastock.com
※決済対応通貨:日本円、USドル、台湾ドル、タイバーツ、韓国ウォン

■ピクスタ株式会社 会社概要

社 名:ピクスタ株式会社(東証マザーズ:3416)
設 立:2005年8月25日
所在地:東京都渋谷区渋谷2−12−19 東建インターナショナルビル5F
TEL:03-5774-2692 / FAX:03-5774-2695
資本金:319,477千円(2019年9月末時点)
代表取締役社長:古俣 大介
URL:https://pixta.co.jp/
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
     出張撮影プラットフォーム「fotowa」「fotowa biz」の運営
     芸術家支援プラットフォーム「mecelo」の運営
支 店:日商匹克斯塔圖庫股?囲有限公司台湾分公司(英文名:PIXTA INC. TAIWAN BRANCH)
子会社:スナップマート株式会社
    Topic Images Inc.
    PIXTA ASIA PTE. LTD.
    PIXTA (THAILAND) CO., LTD.
    PIXTA VIETNAM CO., LTD.

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019