天気予報

25

19

みん経トピックス

日本橋まちかど展示館で書展大伝馬町で「顔」展

日本橋で豆まき 老若男女が「福は内」

日本橋で豆まき 老若男女が「福は内」

福を求めて手を伸ばす

写真を拡大 地図を拡大

日本橋の各神社で2月3日、「節分祭」が開催された。節分は、冬の節から春の節に移る立春前日に行う除災・招福の神事として親しまれ、全国各地の神社で豆まきが行われる。

特設ステージでは老若男女が升を片手に「鬼は外」

 江戸時代には「富くじ」興行も数多く行われ、三富の一つとして数えられた堀留町の椙(すぎ)の森神社(中央区日本橋堀留町1)では、年男、年女約40人が大きな升を手に登場した。18時からの豆まきには、仕事帰りの会社員や家族連れなど約200人が詰め掛け境内はほぼ満員。それぞれ大きな紙袋やバッグを掲げて、福豆やお菓子に手を伸ばしていた。

 日本橋浜町の笠間稲荷(いなり)神社(中央区日本橋浜町2)では12時、14時、16時、19時の4回、豆まきが行われた。日本三大稲荷の一つ、茨城県笠間稲荷神社の東京別社として信仰を集めている同神社は、江戸時代末期に笠間藩主・牧野貞直が本社からの分霊を祭り、建立した。祭神は全ての食物をつかさどる宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。

 一般に、豆まきはその年に厄年となる年男、年女であることが多いが、同神社では年齢にかかわらず、家族の健康、商売繁盛を祈念したいという氏子は誰でも参加できる。特設のステージでは老若男女が升を片手に福豆やお菓子を勢いよくまき、近隣の主婦や子ども連れが「福」を求めて飛び付いていた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中央区指定有形文化財に指定されている明治屋京橋ビル。現存する地下鉄駅直結型のビルとしては日本最古この写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング