天気予報

29

21

みん経トピックス

日本橋で山・農業女子トーク親子でスローカロリー料理会

KITTE開業3周年で記念イベント 鈴木奈々さん、夫への手紙朗読中に号泣も

KITTE開業3周年で記念イベント 鈴木奈々さん、夫への手紙朗読中に号泣も

「手紙だから伝わることもある」と、ご主人への初めての手紙を投函する鈴木奈々さん

写真を拡大 地図を拡大

 JR東京駅丸の内南口の商業施設「KITTE(キッテ)」(千代田区丸の内2)で現在、開業3周年記念フェア「THANKS KITTE」が開催されている。

「ぽすくま」生みの親で、切手デザイン担当の中丸ひとみさん

 日本郵便が運営する初の商業施設として、2013年に東京中央郵便局が入るJPタワーの地下1階~地上6階に開業した同施設。東大総合研究博物館と協働で運営を行う同タワー内の学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」や、地下1階の「東京アイシティ」で行われる各地の物産イベントも好評で、すっかり丸の内の人気スポットとなった。全国の特産品をそろえる専門店や老舗飲食店、日本のものづくりへのこだわりと美意識を感じさせるショップなど約100店舗が営業し、オープン以来7000万人を超える来館者が訪れている。

 3月21日に行われた開館記念イベントでは、1階アトリウム特設ステージで、タレント鈴木奈々さんや日本郵便の切手デザイン担当で人気キャラクター「ぽすくま」の生みの親の中丸ひとみさんのトークショーや、手紙の楽しさや魅力を再発見するワークショップなどが行われ、多くの参加者でにぎわった。

 結婚3年目という鈴木さんは 、夫に向けた「人生で初めて書いたお手紙」を披露。読み上げながら感極まったのか言葉が詰まり号泣するシーンも。「手紙だから伝わることもたくさんある。少し照れるかもしれないけど、手紙をたくさん書きましょう」と手紙の魅力をPR。ステージ上の「ぽすくまポスト」に投函(とうかん)する際には、「手紙が届くのがとても楽しみ。きっと旦那さんも、読んだら涙を流すのでは」と、笑顔を見せていた。

 期間中、館内各店舗では3周年を記念した限定アイテムの販売やオリジナルメニューを提供するほか、同一店舗で購入3,000円(税別)ごとに1,000円の買い物食事券を抽選で進呈する。

 営業時間は店舗により異なる。4月3日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

原体験は戦後の焼け跡。幼少よりガラクタ集めが好きで武蔵野美術学校時代に制作した初期作品「ガラクタ・オブジェ」この写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング