天気予報

27

24

みん経トピックス

日本橋三越で「春の院展」東京駅でオーケストラ演奏会

大伝馬町で「日本橋くされ市」 江戸から続く古市復活で新旧住民交流狙う

  • 0
大伝馬町で「日本橋くされ市」 江戸から続く古市復活で新旧住民交流狙う

毎年、古くからの住民や近隣のファミリー層など3000人を超える見物客でにぎわう「くされ市」

写真を拡大 地図を拡大

 日本橋大伝馬町恵比寿通りで5月21日、「第4回日本橋くされ市」が開催される。主催は、べったら市地域振興会(中央区大伝馬町、TEL 03-3661-3703)。

新旧住民の交流も「くされ市」の魅力

 「ガラクタなどを売買する市」という意味を持つ「くされ市」は、江戸中期から続く「べったら市」の前身として開かれていた市で、神仏への供え物を売る市が始まりだという。10月の「べったら市」に対し、春の地域振興イベントとして2014年に同振興会が復活させた。毎年、古くからの住民や近隣のファミリー層など3000人を超える見物客でにぎわう。

 4年目となる今回も、大伝馬町の恵比寿通りを一部封鎖した「ブロックマーケット」として展開する。日本橋を拠点に営業する店舗や企業、地域住民などが出店。アート拠点「Creative Hub 131」(日本橋大伝馬町)やモロッコカフェ「ダリア」(同)、「鉄道居酒屋キハ」(日本橋堀留町)などの飲食店のほか、日本橋経済新聞もボランティア記者募集ブースを出店する。

 かつては江戸城常盤橋御門から日光、奥州へと続く街道沿いに、太物(木綿)問屋が軒を連ね、江戸で最初に栄えた商業地としてにぎわった大伝馬町恵比寿通り。現在は休日の人通りも少ないオフィス中心の街だが、ここ数年、新築マンションラッシュで新規住民が増え、同市へ参加する親子連れも年々増加しているという。

 大伝馬郵便局長で同会世話役の星和男さんは「新規住民の増加で、大伝馬町で生まれ育った子どもたちも増えているので地元の思い出になるイベントとして定着させたい。こうした機会が新旧住民の交流の場となり、街ににぎわいが戻るきっかけとなれば」と話す。

 現在、出店者を募集している。募集枠は40店で対象は日本橋を拠点に営業している店舗や企業、地域住民など。出店料は物販ブース=3,000円、飲食ブース=5,000円(各1.8メートル四方)。受け付けは4月20日まで。「スタッフも募集しているので、興味のある方は事務局まで問い合わせてほしい」とも。

 同市の開催時間は11時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

はしご車で「日本橋」プレートの1年分の汚れを落とすこの写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング