学ぶ・知る

八重洲で「笑顔」テーマの文化祭 起業家46組出展、女性限定で

9回目となる今回は「笑顔」がテーマ。「起業塾」塾生や、朝活カレッジ講師、レンタルオフィス会員など46組の女性起業家が出展

9回目となる今回は「笑顔」がテーマ。「起業塾」塾生や、朝活カレッジ講師、レンタルオフィス会員など46組の女性起業家が出展

  •  

 女性限定のビジネスフェア「女性のための文化祭」が11月21日、八重洲で開催される。主催は、レンタルオフィス「ウィズスクエア」を運営するトラスト(中央区八重洲2)。

出展者ミーティングの様子

 「学び、発見、出会い」をコンセプトに、専門スキルを持つ女性起業家たちがサービスを提供し、女性の多様な働き方を提案する同イベント。同社が主催する「女性のための起業塾」塾生や、朝活カレッジの講師、レンタルオフィスの会員など46組が出展する。約400人の来場を見込み、参加者は出展者のサービスが体験できるほか、短時間のセミナーも受講できる。

[広告]

9回目となる今回は、レンタルオフィス「女性のためのつながるオフィス」(八重洲2)、「アジアとつながるオフィス」(同)、「明治屋ホール」(中央区京橋2)の3会場で展開。ハワイアンロミロミやアロマトリートメントなどの「健康関連」や、四柱推命、手相やカードセッションなどの「占い関連」、着付けやプリザーブドフラワーなどの「習い事・趣味関連」、レイキやカラーセラピーの「セラピー関連」など幅広いジャンルのブースが出展する。

実行委員長で女性の身体トレーニングケア専門・理学療法士の高橋美樹さんは「新しいサービスを発見したり、幅広い職種の女性に出会うことで、何かを始めるきっかけになったりすればうれしい。会場内にはカフェスペースや交流スペースを設けているので、新たな出会いにつながれば」と話す。

今回のテーマは「笑顔」。経験者が各リーダーを務める文化祭実行委員会がミーティングを重ねながら、出展者と参加者が共に楽しめて「笑顔」になれるように趣向を凝らす。

「女性が自分らしい形で起業するのは大変だが、手を取り合う仲間がいることで助け合い、一つのイベントを作り上げることで楽しみながら成長していけたら」と高橋さん。「文化祭参加後は出展する方も来場する方も明るい笑顔でお帰りいただけたら心からうれしい。たくさんの輝く女性たちにぜひ会いにきてほしい」と呼び掛ける。

開催時間は18時30分~21時30分(受付開始は18時)。入場料は3,500円。申し込みはPeatixとホームページで受け付ける。