食べる

日本橋で利き酒イベント「日本酒利き歩き」 コラボ企画募集も

土曜の昼下がり、日本酒党でにぎわう日本橋(写真は一昨年の様子)

土曜の昼下がり、日本酒党でにぎわう日本橋(写真は一昨年の様子)

  •  

 日本橋エリアで年に一度行われる恒例の利き酒イベント「日本酒利き歩き2019」開催日が4月13日に決定した。主催は日本橋日本酒プロジェクト。

初対面でも、世代や年齢を超えて日本酒の話で盛り上がる

 飲食店を巡り利き酒を楽しむ街歩き企画として今年で7回目となる同イベント。人形町の料亭「きく家はなれ」で開催されてきた小さな利き酒会が日本橋の街を巻き込んだ利き酒歩きイベントに拡大した。今回は参加蔵元6~70社、参加者6500~7000人を目指す。

[広告]

 昨年は、参加飲食店49店、参加蔵元も57社で展開。全国の日本酒蔵元が純米大吟醸やにごり酒、発泡酒などを出品。銘柄は700種に迫り、提供酒類の総額は1,000万円を超えた。今回の提供銘柄は、ホームページで順次公開していく。

 主催者の一人で佐々木酒店(日本橋人形町2、TEL 03-3666-7662)4代目当主の佐々木邦秀さんは「開催エリアはほぼそのままに、さらに凝縮感のあるイベントにしていきたい。前回は、室町4丁目や小伝馬町エリアが加わったことで、参加者の分散に良い影響を与えてくれた。今回はさらに『振る舞い酒コーナー』を拡充し、さまざまなスペースを活用することで、よりスムーズ&ディープに日本酒が楽めるように工夫していきたい」と話す。「まだ開催まで時間があるためコラボイベントの提案も歓迎する。気軽に相談してほしい。一緒に日本橋を盛り上げていけたら」とも。

 オリジナルのおちょこ片手にマップを見ながら参加店舗を巡り、各店で振る舞われる銘酒の利き酒を楽しむ基本スタイルは従来通りで、参加各店はイベントのための特別メニュー(別途料金)を用意する。

 開催時間は14時~18時。参加費は、当日=4,000円、前売り=3,000円。前売り券は2月中旬から販売開始予定で、イープラス、佐々木酒店、ダリア(日本橋大伝馬町2、TEL 03-3663-3021)、コレド室町地下1階の日本橋案内所(日本橋室町2、TEL 03-3242-0010)などで取り扱う。