見る・遊ぶ

丸の内に「ラグビー神社」 Wカップに向けて参列者「日本代表優勝」を祈願

「丸の内ラグビー神社」で神楽舞を奉納

「丸の内ラグビー神社」で神楽舞を奉納

  •  
  •  

 丸の内仲通りの丸ビル前に8月20日、ラグビーを愛するすべての人の幸せを祈願する「丸の内ラグビー神社」が登場した。

「日本代表優勝」と書いた絵馬を奉納する真壁選手と廣瀬元日本代表キャプテン

 ラグビー・ワールドカップ日本大会開催1カ月前を記念して建立された同神社。ゴールポスト型の鳥居とラグビーボールを模した楕円(だえん)形の鈴がラグビームードを盛り上げる。社の脇には絵馬掛けを設け、近くの「Mrunouchi Happ.Stand&Gallery」で販売するラグビーボール型の絵馬(300円)が掛けられる。

[広告]

 建立式典には京都「下賀茂神社」の神職も来場。厳かな雰囲気の中、祝詞(のりと)を上げ、みこが神楽舞を奉納し、参列者による玉串奉奠(ほうてん)が行われた。下賀茂神社境内の「雑太社(さわたしゃ)」の御祭神「神魂命(かんたまのみこと)」には球技上達の御利益があるとされており、境内では1910(明治43)年に旧制三高(現 京大)の学生が慶應義塾の学生らによりラグビーの手ほどきを受けている。関西で初めてラグビーが行われた場所として雑太社の横には「第一蹴の地」の碑が建てられており、下賀茂神社はラグビーの聖地となっているという。

 会場では式典に参加した「サンゴリアス」の真壁伸弥選手とラグビー・ワールドカップ2019アンバサダーで元日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さんが「日本代表優勝」と書いた絵馬を手に「以前は夢物語だったが、今年は本気で狙える」と日本代表チームにエールを送った。

 「ラグビー神社」は大会終了まで設置される。

  • はてなブックマークに追加