見る・遊ぶ

日本橋に「ラグビー応援だるま」 高崎だるま職人による絵付けワークショップも

2対の双子だるまで、ラグビー日本代表チームを応援

2対の双子だるまで、ラグビー日本代表チームを応援

  •  
  •  

  複合商業施設「コレド室町テラス」1階の「日本百貨店にほんばし總本店」(中央区日本橋室町3 TEL 03-6281-8997)に10月18日、2対の大型「ラグビー応援だるま」が登場した。

だるま絵付けワークショップの様子

 ラグビー日本代表チームのジャージーをイメージした2対の双子だるまで、同チームの健闘を願い「日本百貨店」が依頼したもの。製作は高崎だるまの老舗「今井だるま店」で、高さは着ぐるみとしても使用できる75センチメートル。「日本必勝」の文字とともに、かぶとをイメージした赤白のボーダー柄をあしらっている。

[広告]

 同百貨店は「ニッポンのモノヅクリとスグレモノ」をテーマに店舗展開中の「日本百貨店」が旗艦店として9月27日に日本橋に開店した。全国各地の食品や雑貨に加え、日本の職人の手による伝統工芸品の一点ものなど、約1500アイテムを扱う。

 同店催事担当者の安齋礼恵さんは「日本百貨店10年間の取引の中で、全国の職人さんと濃密な関係を築きあげてきた。今回の『今井だるま店』さんもその一つで、無理を言って特注の『ラグビー応援だるま』製作に協力していただいた」と話す。

 10月19日には同だるま店3代目の今井裕久さんレクチャーによる、「ラグビー応援だるま」の絵付けワークショップも開催する。参加費は2,000円で2号(高さ12センチメートル)のだるまが付く。開催時間は11時30分~、14時~、15時~ 、16時30分~17時30分で所要時間は約40分。予約は電話と店頭で受け付ける。

 「日本優勝まで、このだるまを着て応援したい」と安齋さん。「まずは20日の南アフリカ戦。19日のワークショップ参加者とともに『だるま作り』で日本代表チームを応援したい」と笑顔を見せる。

  • はてなブックマークに追加