食べる

日本橋にコーヒー専門店「Mighty steps coffee stop」、一軒家の1階に

それぞれの豆の特徴を生かすためブレンドは行わず1杯当たり通常の1.5倍以上の24グラムの豆を使う。

それぞれの豆の特徴を生かすためブレンドは行わず1杯当たり通常の1.5倍以上の24グラムの豆を使う。

  • 0

  •  

 日本橋本町に7月26日、コーヒー専門店「Mighty steps coffee stop」(中央区日本橋本町4、TEL 03-6262-1988)がオープンした。経営は、人形町でスペインバル「hachi」(日本橋小舟町)などを展開する「siniolchu」(中央区)。

豆の特徴を生かすためブレンドは行わず、1杯当たり通常の1.5倍以上の24グラムを使用

[広告]

 リノベーションした築60年の木造一軒家の1階にオープンした同店。2階にはヘアサロン「hairwarks RW」とネイルサロン「ungu」が入る。両店のオーナーがhachiの常連客だった縁から、共同で同所を借りることにしたという。店舗面積は10坪、席数は7席。

 コーヒーのメニューは、ドリップコーヒー(380円)、アイスコーヒー、カフェラテ、アイスカフェラテ(以上450円)のみ。生産者が明らかなスペシャルティーコーヒーにこだわり、エチオピアやケニア、ブラジル産など数種類の豆を好みに合わせて提供する。それぞれの豆の特徴を生かすためブレンドは行わず、1杯当たり通常の1.5倍以上の24グラムを使う。焙煎(ばいせん)時間を長くし深煎(い)りした豆を注文後、熱すぎないお湯でじっくり時間をかけペーパードリップする。

 この細部にわたるこだわりと、茶道のように、じっくり丁寧に行う「コーヒー道」の所作を伝えるため、イメージムービーを制作して公開。店名は「遠くからでも足を運ぶ、たった一杯のコーヒー」という思いを込めて付けた。

 コーヒーと相性の良いアイスクリームと焼き菓子も用意する。「オーガニックアイスクリーム」(380円)は、ピスタチオ、マスカルポーネ、塩キャラメル、ダークチョコレートの4種類で、フランスから空輸で取り寄せた。上階のサロンでも楽しめる。

 「メニューは少ないが、季節ごとに違う種類のコーヒーを提供する。一杯のコーヒーで人と人がつながり、いろいろな人が集まる場所にしていきたい」と同社の石井康雄社長。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース