天気予報

12

5

みん経トピックス

日本橋で「海女トーク」日本橋三越で超絶技巧陶器展

建て替え工事中の「水天宮前交番」再開 水天宮新社殿完成に先駆け2年ぶり 

建て替え工事中の「水天宮前交番」再開 水天宮新社殿完成に先駆け2年ぶり 

建て替え前の水天宮前交番 住民が散歩の途中で気軽に立ち寄れる憩いの場でもあった

写真を拡大 地図を拡大

 水天宮前交差点角の「水天宮前交番」(中央区日本橋蛎殻町2)が2月17日、建て替え工事を終えて約2年ぶりに再開した。

建て替えが完了した水天宮前交番

 安産、子授けの神として広く親しまれてきた水天宮(同)は、2018年の江戸鎮座200周年記念事業として社殿と社務所の改築を進めてきた。今回の改築では待合室の環境が大きく改善し、懸案だった地震対策も完了。現在は浜町の仮宮に移転しているが「より優しく、より安心な神社」として4月8日、日本橋蛎殻町に帰ってくる。

 新社殿の落成に先駆けて工事完了となった同交番がいち早く稼働することとなったもので、今回の建て替えでは休憩所やトイレの増築などで女性警官も勤務しやすい環境になったという。新大橋通りと水天宮通りの交差点北東角にある同交番は設置が1929(昭和4)年と歴史も長く「水天宮」と並ぶ同エリアのランドマーク。かつては都電も交差する交通の要所で、交通整理だけでなく地方からの参拝客の待ち合わせの目印や近隣住民の立ち寄り先などとして人々に親しまれてきた。

 「建て替え中は担当の警察官が、他の交番を拠点に水天宮地区の警戒に当たっていたようだが、交通量の多い交差点なので交番が再開してくれて心強い」と交差点近くのカフェ「ts cafe」オーナーの立田一幸さん。「さらに水天宮が帰ってくれば、参拝客で人の流れも以前のように多くなり街に活気が戻るのでは」と期待を寄せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

16時に東京駅丸の内駅舎北ドームに集合し、KITTE、マルキューブ、丸の内仲通りから八重洲、日本橋、室町周辺を4~5人のグループ単位で散策するこの写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング