天気予報

10

1

みん経トピックス

浜町にルクセンブルグカフェ日本橋山本海苔で新のり解禁

東京駅周辺で「キラピカ大作戦」 近隣就業者868人がほうき片手に大掃除

東京駅周辺で「キラピカ大作戦」 近隣就業者868人がほうき片手に大掃除

東京駅関係者、丸の内・八重洲エリアの就業者や在住者など71社団体から過去最大の868人が参加

写真を拡大 地図を拡大

 東京駅周辺で11月30日、近隣就業者868人が一斉に街を掃除する「東京エキマチ キラピカ作戦」が開催された。主催は東京ステーションシティ運営協議会、大丸有エリアマネジメント協会など。

工事が完了し、囲いのとれた「丸の内中央広場」を高圧洗浄機で掃除

 「きれいで快適な駅でお客さまをお迎えしよう」との趣旨で2002年に始まった清掃活動で、多くの乗降客の利用が見込まれる夏休み前と年末前の年2回、JR東京駅と関係する事業者が集まり、自主的な活動として行ってきた。

 参加団体も年々増加し、9回目となる今回は東京駅関係者、丸の内・八重洲エリアの就業者や在住者など71社団体から過去最大の868人が参加した。清掃エリアは、東京駅(構内・敷地内)、行幸通り、丸ビル、新丸ビル周辺、八重洲・日本橋・京橋地区など。12月7日に全面供用が開始される「丸の内中央広場」も含めて合わせて約70万平方メートルの面積となり、中央区、千代田区を併せた総面積の3%強になる。

 小池邦彦東京駅長のあいさつの後、参加者は掃除用具を片手にグループ単位で担当エリアに散開。日頃たまった駅のすすや歩道の空き缶、ゴミ、枯れ葉などの清掃活動を行った。

 小池駅長は「以前は通過客の多かった東京駅だが、周辺の魅力的な商業施設やエキナカ施設の充実で、乗降客は年々増加している。12月7日には皇居から行幸通り、東京駅へとつながる『丸の内中央広場』が完成する。各国の大使が天皇陛下に前任者の解任状と自分の信任状を捧呈する『信任状捧呈式』の儀装馬車も10年ぶりに東京駅に直接乗りつけるようになるので観光客はさらに増えるのでは」と期待を寄せる。「参加者全員でピカピカにした快適な駅舎や通路で、年末のお客さまをお迎えしたい」とも。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

重要文化財 玳皮盞(たいひさん)鸞天目(らんてんもく)南宋時代・12~13世紀 室町三井家旧蔵この写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング