天気予報

10

5

みん経トピックス

日本橋で赤ちゃん写真家対談日本橋三重テラスで鈴鹿墨展

東京駅地下「グランスタ丸の内」完成 だし専門店やタイ料理など55店そろう

東京駅地下「グランスタ丸の内」完成 だし専門店やタイ料理など55店そろう

「ひろがる東京駅時間」をコンセプトとして南北に延びる総延長300メートルの通路の両側に展開する「グランスタ丸の内」

写真を拡大 地図を拡大

 JR東京駅丸の内駅舎地下1階に8月30日、商業施設「グランスタ丸の内」「グランスタ」(千代田区丸の内1)がグランドオープンした。運営はショッピングセンターやエキナカ事業を展開する鉄道会館(中央区八重洲2)。

飲食スペース「汁や」を併設する、だし専門店「茅乃舎」

 同施設は昨年7月の第1期23店舗オープンを皮切りに4期に分けて随時開業し、今回の第4期開業で丸の内地下エリアの改札内外に総面積3600平方メートル、総店舗数55ショップの商業施設が完成。「ひろがる東京駅時間」をコンセプトとして1日80万人が乗降するという東京駅の利用者と、23万人が勤務するという丸の内エリアのオフィスワーカーをターゲットに「新しい価値観の提供」を目指すという。

 丸の内駅舎の地下改札を南北に延びる総延長300メートルの通路の両側に、従来のコスメショップや雑貨店、レストランに加えて、新たにイタリア・トリノ市発祥のイタリア食材販売とレストラン機能を持つフードコート「イータリー」や、福岡の老舗しょうゆ蔵「久原本家」が展開するだし専門店「茅乃舎東京駅店」、日本初出店となるタイ料理レストラン「マンゴーツリー」によるパッタイ専門店などがオープン。「東京駅で見つける、東日本の新たな魅力」をテーマに、東日本各地の「食」など地域の魅力を紹介する地産品ショップ「のもの」も開店する。

 施設のオープンを記念して、8月31日~9月2日には同駅地下南口改札外の「動輪の広場」を期間限定のラウンジ空間「DORIN Lounge」として開放。「東京駅」という巨大な公共空間でプライベート感あふれる音楽体験が楽しめるイベント「Sofar Sound Tokyo」(ソファーサウンドトウキョウ)を展開する(各日18時~、19時30分~、各回30分間、入場無料)。

 営業時間は店舗により異なる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

地元在住勤の30~40代を中心とした男女約50人が集まり、終電後の深夜にもかかわらずにぎわいを見せたこの写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング