天気予報

32

20

みん経トピックス

日本橋で福島復興支援ライブ日本橋で島根館リニューアル

日本橋に桜咲く あじさい通り、早咲きのオカメザクラが三分咲き

日本橋に桜咲く あじさい通り、早咲きのオカメザクラが三分咲き

先週土曜日に一輪咲き、ここ数日の陽気で一気に花開いたあじさい通りのオカメザクラ

写真を拡大 地図を拡大

 日本橋本町あじさい通りの京菓子・京つくだ煮の店「永楽屋」(中央区日本橋本町1)前のオカメザクラが開花し、現在三分咲きとなっている。

スマートフォンで早咲きの桜を撮影する姿も

 オカメザクラは淡い紅色をした早咲きの桜。2006年に道端に26本が植えられ、以降、植樹を本町4丁目まで延長し、細い枝ぶりながら約700メートルの桜並木が続く。

 今年は寒暖の差が激しい日が続き、例年よりも早めの開花となったが、同店の田邊隼人店長によれば、先週土曜日に一輪咲き、ここ数日の陽気で一気に花開いたという。

 「日当たりの関係か、毎年うちの前の桜が一番早く満開になる。おかげで店に立ち寄っていただけるお客さまも多い」と田邊さん。「今年も桜が咲いている間は桜茶と京菓子をお振る舞いしているので、気軽にのぞいてほしい」と話す。

 昼休みにはスマートフォンでオカメザクラを撮影する会社員やOLの姿も。近所で働いているというOL は「2月は寒い日が続いたが、冬季オリンピックが終わったら一気に春めいてきた。今年は少し早めに咲いたので、来週末には満開になるのでは」と予想する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「とても刺激を受けた」と話す大学生3人組。卒業後は揃って大学院に進むというこの写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング