学ぶ・知る

日本橋高島屋で「平成最後の」皇室展 ゆかりの品や写真など300点を紹介

会場では御即位時の装束など皇室ゆかりの品約100点と、公私にわたる約200点の写真を展示

会場では御即位時の装束など皇室ゆかりの品約100点と、公私にわたる約200点の写真を展示

  •  
  •  

 日本橋高島屋S.C.本館(中央区日本橋2)で4月3日、皇室ゆかりの品や写真を集めた「国民とともに歩まれた平成の30年」展が始まった。

御成婚記念パレードの儀装馬車を特別展示

 天皇陛下の御即位30年と、天皇・皇后両陛下のご成婚60年を記念して企画した同展。今年1月に京都高島屋で行われた特別展示の巡回展で、平成最後の開催となる。

[広告]

 会場の本館8階ホールでは今回初展示となる、47都道府県から贈られた両陛下への献上品や、御即位時の装束、ボンボニエールなど皇室ゆかりの品約100点と、公私にわたる約200点の写真を展示する。

 本館1階正面ホールには、ご成婚記念パレードの儀装馬車を特別展示し、来場者がスマートホンやカメラを向けていた。

 中央区在住という夫婦は「写真1枚1枚をじっくり拝見させて頂いた。両陛下の温かいお顔が本当にありがたい。長い間、ほんとうにありがとうございました。平成最後の展示が日本橋というのも趣深い」と話していた。

 開催時間は10時30分~19時(最終日は17時30分まで)。入場無料。4月21日まで。

  • はてなブックマークに追加