暮らす・働く

日本橋のホテルで早朝ランイベント 国際ウェルネス・デイ連動で、皇居・浅草を疾走

約10キロのランニングコースを走り終え、満面の笑顔でゴールイン

約10キロのランニングコースを走り終え、満面の笑顔でゴールイン

  •  
  •  

 日本橋のホテル「マンダリン オリエンタル 東京」(中央区日本橋室町)で6月8日、「グローバル ウェルネスデイ ランニングイベント」が行われた。

コーチや運営スタッフも含めて約70名が参加

 「グローバル ウェルネスデイ」は毎年6月の第2土曜に開催される健康イベント。健康への感謝と、健康的なライフスタイルの啓発を目的として、世界約100カ国で開催されており、日本でも2015年から、さまざまな企業や団体が参加している。

[広告]

 「マンダリン オリエンタル 東京」ではスポーツメーカー「アシックスジャパン」とコラボレーションし、2017年から「日本橋にゆかりのあるパーソン」を対象に早朝ランニング企画を展開。今年で3回目の開催となる。

 スタート地点となった同ホテルには事前募集で応募した日本橋ワーカーが6時に集結。1階フロアで軽いストレッチを行った後、「ホテル~皇居周回~日本橋コース」と「ホテル~浅草往復コース」(ともに約10キロ)の2コースに分かれ、梅雨の晴れ間の日本橋の街をゆっくりとしたペースで走り抜けた。

 皇居コースの一行は、皇居外周を時計回りに周回し、皇居前広場から行幸通りをランニング。途中、丸の内のアシックス・ストアで休憩を挟んで中央通りを一気に北上し、早朝の日本橋を走り抜けた。友人と2人で参加したというOLは「今回は10キロメートルのランニングに初めて挑戦した。ちょっと不安だったが、和気あいあいとした雰囲気の中で、コーチやランニング仲間に励まされて楽しく走ることができた。人気の少ない日本橋や皇居が独り占めできてぜいたくな気分」と笑顔を見せていた。

 ランニング後、参加者は同ホテル1階のグルメショップで朝食「ウェルネス ブレックファスト」を楽しんだ後、ホテル内のスパのヒート&ウオーター施設で汗を流した。

  • はてなブックマークに追加