見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

日本橋浜町の住民ら255人、 防災共助の取り組み宣言

小学生から高齢者まで、共助の意思表明をしたメッセージが寄せられた

小学生から高齢者まで、共助の意思表明をしたメッセージが寄せられた

  • 0

  •  

Tokyo Good Manners Project(日本橋浜町3)は、住民らがまちぐるみで助け合う防災アクション「日本橋浜町おもいやり防災新聞」を3月11日、発行した。配布に合わせて、全長3メートルの新聞広告を中央区総合スポーツセンター(日本橋浜町2)などエリア内6カ所の施設で掲示した。

全長3メートルの新聞広告はハマハウス他、エリア内6施設に掲示された

 震災から10年、災害に備える自助や防災インフラなど公助が整備される中、地域で助け合う共助の大切さに改めて着目。共助の輪を広げようと呼び掛けた。

[広告]

 新聞には住民や在勤者ら255人による「たすけあい宣言メッセージ」や具体的な防災アクションを掲載する。表面全面に桜をかたどった小さな花が散らされ、その中に「震災で学んだ事を教訓に、周りの方の力になりたい」など震災への思いや「はやくにげて!とおおきなこえでいう」「ちいさいこのてをとって、にげてあげる」など、災害発生時に自分ができることが書かれている。裏面は江戸浮世絵をモチーフに「おもひやり防災十二景」と銘打ち、「備えの項」「避難の項」「避難暮らしコロナ対策の項」と各シチュエーション別の対策を紹介する。

 「まちぐるみで共助の輪を広げるきっかけになれば」と理事の水代さん。「今後も地域の取り組みを継続していきたい」とも。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース