食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

日本橋の滋賀県アンテナショップで1周年記念イベント 来館者も50万人達成

1周年を記念して店内に設置した特設ブース

1周年を記念して店内に設置した特設ブース

  •  

滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」(中央区日本橋2)で10月29日、オープン1周年記念イベント「ここ滋賀 1st ANNIVERSARY 大感謝祭」が始まる。

2階レストラン「日本橋 滋乃味」では、期間限定メニューを提供する

 近江商人ゆかりの地である日本橋南エリアに滋賀の情報発信拠点として開設し、高島屋と三越を結ぶ中央通り日本橋交差点の南東角に立地する同店。

[広告]

 9月24日には当初の見込みより3カ月早く来館者50万人を達成した。同イベントでは、滋賀の魅力を発信しながら日本橋と滋賀を楽しむキャンペーン企画や、食・工芸・歴史等に触れ、滋賀県の魅力を体感する特別企画を連日展開する。

 1階の物販スペースでは、滋賀の地酒飲み比べブースや地場産品を並べる。2階のレストラン「日本橋 滋乃味」では、琵琶湖固有種で地元でも希少という「ビワマス」を使った炊き込みご飯「アメノイオご飯」(1,500円)を期間限定で提供する。11月3日は「SHIGA’s感謝祭」として、TOKYO FMのラジオ番組「シンクロのシティ」公開収録を行う。ゲストに、俳優の山本耕史さん、歴史学者の河合敦さん、三日月大造滋賀県知事を招く。ほかにも、滋賀ふるさと観光大使を務める西川貴教さんのマスコットキャラクター「タボくん」がステージパフォーマンスを行う。

 同館支配人竹岡真彦さんは「滋賀の先達(せんだつ)に大きなご縁のある日本橋。東京の一等地で滋賀の魅力を実際に見て、触れて、食べることができる体験型のイベントを日々開催する。ぜひ遊びに来てほしい」と話す。「今後もお客さまのお声をいただきながら、より魅力的な発信をしていきたい」とも。

 営業時間は、物販・総合案内=10時~20時、地酒バー=10時~23時、レストラン=11時30分~14時(ラストオーダー13時30分)18時~23時(ラストオーダー22時)。1周年記念イベントは11月4日まで。