食べる 見る・遊ぶ 買う

日本橋周辺で恒例「日本橋・京橋まつり」 諸国往来パレードや東西骨董市も

「諸国往来パレード」では宮城の仙臺すずめ踊りなど全国の祭りや踊りの団体14組が参加

「諸国往来パレード」では宮城の仙臺すずめ踊りなど全国の祭りや踊りの団体14組が参加

  •  

 京橋と日本橋を結ぶ中央通り周辺で10月28日、全国の文化や食が集まる「日本橋・京橋まつり」が開催される。主催は日本橋・京橋まつり実行委員会(TEL 03-3561-7348)。

福徳神社界隈では「OLD NEW MARKET in 日本橋」も同時開催

 今回で46回目を迎える同祭り。総勢約2000人が参加する恒例の「大江戸活粋パレード」には、全国につながる五街道の起点「日本橋」を目指して各地の祭りや踊りが集まる。オープニングパレードには警視庁の白バイ隊とポルシェパトカー2台、騎馬警官を先導に、音楽隊、人力車、地元小中学校の吹奏楽部などが行進する。

[広告]

 続く「諸国往来パレード」では「江戸消防記念会」の木やりやまとい振りを先頭に、徳島の阿波踊り、宮城の仙臺すずめ踊り連盟から沖縄の琉球國祭りまで、全国の祭りや踊りの団体14組が参加し、京橋2丁目から日本橋室町2丁目にかけて、中央通りを練り歩く。パレードが通過した後も4地点で北海道のYOSAKOIソーランや岐阜の郡上おどりなど各地の伝統的なお祭りや演舞が楽しめる。さらに今年はTRFのSAMさん率いる「ダレデモBONダンサーズ」も出演する。

 西河岸地蔵尊通りでは恒例の諸国往来市が開かれ、全国から24の自治体などが参加し地酒や地ビール、魚介類や肉、米、野菜、菓子など各地の特産品を販売する。

 京橋3丁目東京スクエアガーデン前の諸国往来広場では、2019年国際大会を前にラグビートップリーグのメンバーや地元企業の社会人チームと触れ合えるラグビーイベントやTRFのSAMさんプロデュースの「ダレデモダンスフェスティバル」も行われる。

 そのほか、江戸時代の富くじを再現した福徳くじや日本橋旦那衆のトークイベント、中央区じまん市、秋の名橋「日本橋」粋だね市、きもの大集合写真なども同時開催。

 パレードの開催時間は11時~15時。