見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

日本橋で若手アーティスト支援のアート展 再開発ビル活用し作品を展示販売

「アーティストが心身ともに解放できるような空間を作り、生活が成り立つ世界を実現したい」と話すタグボート社長の徳光健治さん

「アーティストが心身ともに解放できるような空間を作り、生活が成り立つ世界を実現したい」と話すタグボート社長の徳光健治さん

  • 182

  •  

 若手アーティストの作品を展示即売するアートイベント「アート解放区日本橋2022」が現在、日本橋で開かれている。主催はタグボート(中央区日本橋人形町3)。

中央通りに面した会場

[広告]

 再開発に伴い解体になる中央通り沿いの三越前福島ビル(日本橋室町1)で開く同イベント。2019年の代官山を皮切りに銀座と日本橋人形町で開催し、日本橋では昨年に引き続き2回目の開催になる。

 会場にはアーティスト32人の作品約80点を展示。自由に見て購入してもらえるようにした。

 「アーティストが心身ともに解放できるような空間を作り、生活が成り立つ世界を実現したいと解放区と名付けた。今回は20~30代の若手アーティストの挑戦的な作品を中心に展示販売している」と同社社長の徳光健治さん。「日本橋三越などの老舗が集まるかいわいに、アーティストの活力や前衛的な力で新たな風を巻き起こしたい。買い物のついでに気軽に立ち寄ってほしい」と呼びかける。

 開催時間は11時~19時。入場無料。5月20日まで。作品はインターネットでも購入できる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース