天気予報

31

22

みん経トピックス

KITTE開業3周年東京駅グランルーフで朝ヨガ

日本橋で「おさとうの会」 コウケンテツさんのスローカロリー料理を親子で学習

日本橋で「おさとうの会」 コウケンテツさんのスローカロリー料理を親子で学習

砂糖の正しい使い方を学ぶ親子参加者

写真を拡大 地図を拡大

 日本橋箱崎で砂糖を使った料理を親子で学ぶ「おさとうの会」が開かれた。主催は三井製糖(中央区日本橋箱崎36)と1型糖尿病の子どもと家族を支援する「つぼみの会」。

子ども相手に根気よく説明するコウケンテツさん

 厚生労働省によると、日本では、1型糖尿病は10万人に1.2人の発症率といわれており、幼い子どもに多く発症することから小児糖尿病とも呼ばれている。患者は血糖値を高すぎず低すぎない状態を保つ必要があり、良好な血糖コントロールが大きな課題となっているという。

 ゆっくり消化吸収される機能を持つ天然糖質「パラチノース」を配合した「スローカロリーシュガー」を販売する同社では、製品を生かしたお菓子作りを通じて、子どもたちと家族に良好な血糖コントロール方法について勉強する場として企画した。

 9回目となる今回は5組の親子が参加。管理栄養士の藤原恵子さんの指導で手作りの「おはぎ」と「きなこ餅」作りに挑戦した。

 自分で作った手作り和菓子を楽しんだ後は、スペシャルゲストとして料理研究家のコウケンテツさんが登場し特製キーマカレーと野菜チップの作り方をレクチャーした。「カレーを上手に作るには『あめいろ玉ねぎ』がポイント」とコウケンテツさん。「炒める前に砂糖を揉み込んでおくと短時間でおいしい『あめいろ玉ねぎ』ができる」とカレー作りの秘訣を披露し、参加した子どもたちは、目の前でタマネギやひき肉があっという間にキーマカレーに変身していく様子に見入っていた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

江戸の庶民に親しまれ、日本橋発祥ともいわれる金魚文化にスポットを当て、水と光・映像など最新の演出技術を融合させた水中アートを展開この写真の記事を読む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング